スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

New Post

桜石 -菫青石仮晶-

桜石とは菫青石(英名cordierite コーディアライト)の仮晶のことです。
ではまず菫青石から見てみます。
菫青石 cordierite 青~すみれ色(菫色) 菫青石という和名はその見た目からなのでしょう。 英名のコーディアライトはフランスの地質学者ルイ・コルディエ(Pierre Louis Antoine Cordier 1777 – 1861)。
18世紀末にこの菫青石を紹介したことが由来だそうです。
菫青石の別名 菫青石というとピンと来ない人もいるかともいますが、この菫青石の美しい結晶のものは”アイオライト”・”ウォーターサファイア”と呼ばれています。
アイオライトと言われれば、ピンとくることでしょう。
そしてこの菫青石は多色性
多色性とは角度によって色が違って見えることを言います。

菫青石は、”ダイクロアイト”の別名も持っていますが、由来は”ダイクロイズム=二色性”。
また、鉄分(レピドクロサイト ヘマタイト等)等を含むものがあり、赤みが強いものを特別に”ブラッドショット・アイオライト”と呼んでいます。

この菫青石は特に多色性がはっきりしているため、カットの際にきっちりとわかるようカットしてあるものがあります。
菫青石の産出地 スリランカ・ミャンマー・インドなどから多色性の強い美しいものが産出されます。
アメリカ・ブラジル・ドイツ・ノルウェーなどからも産出されます。
そして日本もです。
有名なのは茨城県日立鉱山、宮城県川崎町があります。
菫青石の産状広域変成岩(高温低圧型)接触変成岩(特に泥質ホルンフェルス※1)花崗岩中 です。
※1 泥質ホルンフェルス
ホルンフェルスとは、割れ目に入りこんだマグマの熱とその圧によって、そのまわりの石が変化した変成岩(接触変成岩)の一つです。
ホルンフェルスの分類法で、源岩がなにかという分類法がありますが、泥岩が源岩の場合は泥質ホルンフェルスという名前となります。
菫青石の基礎データ化学組成 珪酸塩鉱物   Mg2Al4Si5O18色 濃青 灰青 すみれ色条痕 白色結晶系 斜方晶系へき開 明瞭硬度 7~7.5比重 2.5~2.7 桜石 国指定天然記念物で、京都府のレッドデータブックに掲載されています。
花のような形をしたかわいい外観です。
花の部分の大きさはみな5ミリ~1センチ程です。
写真…

Wikipedia

検索結果

いしのみせTENDERTIMEYahoo店よりおすすめ

最新の投稿

ロードクロサイト Rhodochrosite

ローマングラス roman glass

ゲーサイト Goethite

ジェット Jet

貝化石 巻き貝と二枚貝 Shell fossils

マラカイト Malachite

マグネタイト Magnetite

白鉄鉱 マーカサイト Marcasite

褐鉄鉱 リモナイト limonite

パイライト Pyrite