投稿

ジャスパー Jasper

イメージ
Ocean Jasper Madagascar ジャスパーは石英の中で不透明のものを総じてジャスパーと呼びます。 詳しくは 石英の種類と分類-水晶一家ご紹介 をお読みください。 日本での産地は、 レッドジャスパー 佐渡の赤玉石 グリーンジャスパー 島根県の出雲石 黄色・褐色など 青森の錦石 等が有名です。 ダルメシアンジャスパー ピクチャージャスパー レッドジャスパー ピクチャージャスパーは、その石の模様=”絵”と捉え、石の”絵”を読み取ることが出来れば、その”絵”の中に過去からのメッセージがあると言われます。 そのメッセージはこれからの日々の教訓となるそうです。 オーシャンジャスパー OCEAN JASPER Ocean Jasper Madagascar オーシャンジャスパーは海から採取されることからこう呼ばれて流通しています。 潮の関係で海水が引いたときに露頭が見られ、海から採取されることからオーシャンジャスパーと呼ばれて流通しています。(マロヴァト) 姿は小さな”丸(球)”があることが特徴で、アイ(eye/目)ジャスパーとも呼ばれます。 色も緑・オレンジ・赤・ピンク・ベージュといろいろ混じった姿です。 ジャスパーは色味のある水晶の透明感がないものというざっくりとした分類がありますが、透明感がないとは不純物を20%↑含むと透明感がなくなってしまうという考えからです。 例えば赤や緑のジャスパーを思い浮かべていただいて、赤もしくは緑色の不純物が20%↑混じった状態=不透明になるということです。 不均一に混じっていれば、透明感のあるところとないところが共存することになります。 (よく見かけます…) オーシャンジャスパーは、珪酸が染み込んで固まるとき、近くにある流紋岩などを巻き込んで固まります。 海外の文献には、厳密にはジャスパーとは言えず、とても珪化がすすんだ状態の流紋岩や凝灰岩との解説も見られました。 繊維状(もしくは針状)のものが放射状に広がり球をなしている姿を偏光顕微鏡にて確認できます。 オーシャンジャスパー(Ocean Jasper)という名前は、流通名で、鉱物としては”球状または輪状のカルセドニー”(Dr. Werner Lieber./ヴェルナーリーバー博士)と定義されています。 別名オビキ

サハラ砂漠の砂 Sand of SAHARA-Desert

イメージ
サハラ砂漠の砂 Sand of SAHARA-Desert モロッコ・カサブランカ南東約350㎞ エルフード北方約30㎞地点にて採取 子供の頃、星の砂とデザートローズとともによく購入しました。 写真のものは大人になってから懐かしく思って購入したものですが、当時のものは不明です(笑) 粒子はとても細かく、黒いアクリル板の上で撮影したのですが、こすると静電気で周りに飛び散る程の大きさです。 手でさわると、本当にさらさらです。 水晶の砂 サハラ砂漠の砂 Sand of SAHARA-Desert モロッコ・カサブランカ南東約350㎞ エルフード北方約30㎞地点にて採取 この砂、水晶の砂です。 というと?という感じかもしれませんが、水晶の主要成分である珪素(Si)の砂粒です。 ICチップに使われています。 英名をシリコン。 シリコンの語源はラテン語で、”ケイ石=硬い石”の意味の”シリクス”からだそうです。 日本語である”ケイ素”という言葉は、オランダ語に由来します。 蘭学が盛んだった時代に、オランダ語を音訳したものが”珪土”。 その珪土に含まれる元素ということから、”ケイ素”と命名されたそうです。 サハラ砂漠の砂 Sand of SAHARA-Desert モロッコ・カサブランカ南東約350㎞ エルフード北方約30㎞地点にて採取 この砂の赤い色は、酸化鉄だそうです。 真ん丸な砂粒は、 風に飛ばされ角がとれ、丸い形になったものです。

ミルキークォーツ MILKY QUARTZ

イメージ
MILKY QUARTZ Brazil ミルキークォーツは名前そのもののミルキーな乳白色な水晶を言いますが、マダガスカル産の美しいミルキークォーツをジラソル Girasol といいます。 ちなみに、メタモルフォーゼス Metamorphosis はブラジル産でクリスタルヒーラーであるA・メロディ女史が名づけ親。 ガンマー線を照射し、300度の温度で加熱処理をすると、グリーンゴールド色に変化して安定するため、メタモルフォーゼス=変容という名前が付けられたそうです。 オパレッセンス opalescence 眺めていると、淡い白い光がぽわっと、石自身が発光しているように見えますが、これは小さな小さな粒が、水晶の中に散らばってあるためです。 混じっているのではなく、粒々(若しくは液滴)が散らばって存在していることを コロイド 状と解釈します。 代表は牛乳で、水溶液の中に、脂肪が散らばっている状態。 あとは、ゼリーもそうですね。 霧を例に取りますが、空気(気体)の中に散らばった小さな小さな水に光が反射し散乱するとぽわんと光ったような見た目となります。 この ぽわん をオパレッセンス(opalescence)といいます。 つまり、水晶の中に散らばって存在している アルミナ が、光を反射し散乱していることによりこの乳白色の独特の光の現象が起こります。 補足 と、以前より解説をしていたのですが色々と調べると色々と出てくる… ミルキークォーツのそもそもの定義が、乳白色及び白色の不透明及び半透明としている文献と、乳白色の半透明としている文献と様々です。 ここが違うと、いろいろ思い浮かぶことは数知れず… そして私はコロイドで説明し、内包物をアルミナと紹介しましたが、別の文献には気泡(ガスなど)で白くなっているとの解説もありました。 掘っていくときりがないのでさっくりここでやめました^^; 奥深い石英の世界。 はっきりしていないことも、様々なパターンが存在することも両方抱きしめて大好きな水晶を見つめていきたいと思います。 あ。 ”オパール”の名前がくっついてくる別名やグループ分けをされている世界がありますが、あくまでこれは”石英”です。 オパールではありません。 個人の信じるところの価値観が反映されるべき内容なので否定をする気は毛頭ありません。 ですが、いわゆるフォールスネームと言われる間

ビクスビアイト ビクスビ鉱 ビクスビ石 BIXBYITE

イメージ
Bixbyite on Topaz Thomas Range Juab County Utah USA 和名はビクスビ鉱・ビクスビ石 スペルはbixbyite ごちゃごちゃになりやすい名前に、ビックスバイト・ビクスバイト bixbite がありますが、これはレッドベリル(緑柱石の赤い色のもの)の別名です。 スペルにYがあったらビクスアイト、なかったらレッドベリルで、ともに同じ発見者であったことから命名が似てしまい、現在、レッドベリルの別名であるビックスバイト・ビクスバイトは IMA(国際鉱物学連合 )では非推奨となり、レッドベリルの名前を使うことがメインとなっています。 命名の経緯 bixbite ビックスバイト・ビクスバイト→レッドベリル bixb y ite ビクスビアイト・ビクスビ鉱・ビクスビ石→本鉱 発見者は メイナード・ビクスビー (Maynard Bixby)。 ビクスビアイトを発見し新鉱物として命名された名前がbixbite。 その後、赤い色のベリルも同じ産地のトーマス・レンジにて彼が発見し、こちらも名前にちなんでbixb y iteとなりました。 が… 紛らわしい^^;ということで先の述べたこととなりますが、鉱物としてはもちろん、全く別の鉱物です。 産地 産状 1. 広域変成岩中のマンガン鉱床中   産出地 長崎県西海大串鉱山等   共生鉱物 ブラウン鉱 白雲母 紅簾石 石英 スペサルティン等 2. 流紋岩中   産出地 アメリカユタ州トーマスレンジ等    共生鉱物 トパーズ ベリル 石英 スペサルティン等 産出地はたくさんあります。 基礎データ 化学組成 酸化鉱物 (Mn 3+ ,Fe 3+ ) 2 O 3 色 黒(金属光沢) 条痕 黒 結晶系 等軸晶系 へき開 不完全 硬度 6.5 比重 5

ムーカイト モッカイト MOOKAITE

イメージ
Mookaite Australia ムーカイト・モッカイトといくつかの呼び名のある独特の色味と質感のあるこの石。 実は化石に近い構造を持つ石です。 名前の由来は採掘される場所、オーストラリアムーカクリーク・Mooka Creek。 ”ムーカ”は地元のアボリジニによると”流水”を意味するとのこと。 このムーカクリークは淡水泉がたくさんあり雨季に水を供給しますが、これに関連しているのでは?と考えられています。 1960年半ばより西オーストラリアの海岸沿いにあるカーナーボン(Carnarvon)の東に180kmのムーカリーク(Mooka Creek)にて採掘されています。 ここはもと羊の放牧地で、小さな毛刈り小屋などがポツンポツンとあり、4WDで自給自足の旅をしなければいけないような場所です。 赤い大地と緑。 この地域のクリークとは、雨季には水が溜まって川になりますが、通常水はほぼなく乾燥していて、水の流れた跡が確認できるような地形をしている場所です。 特にこの場所は淡水泉が複数あるようです。 ちなみにここの地域の水は飲めません。 Windalia Radiolarite ウィンダリアラジオラライト ウィンダリアラジオラライトというのは、このムーカイトと深いつながりを持つ地層の名前です。 ムーカイトがある場所は、かつては海の中であったと考えられます。 ※1 やがて海水が蒸発していくと、海にいた放散虫の遺骸が数メートルの高さに渡って降り積もります。 更に鉄やシリカをたっぷり含んだ水がこれを固め ※2 、ウィンダリアラジオラライトという名前の地層となりました。 このウィンダリアラジオラライトは数千メートルもの面積があり、白亜紀前期もしくは約1億2000万年前と言われています。 ムーカクリークの底にこの地層はあります。 ※3 通常は乾燥していますが、ウィンダリアラジオラライトから水がしみているようで、この場所のあちこちにムーカイトが小さな(小さなといっても抱っこするくらい)塊となって存在しています。 ※1  ベレムナイト やアンモナイトの痕跡があることからそう考えられています。 ※2 鉄分とシリカの濃度が高い地域性のため、カラーバリエーションが豊かであるという見解です。 ※3 通常、ウィンダリアラジオラライトは露頭にて観察(磁器化している)できます。 補足 この段落を書くにあ

曜日石と星座石

イメージ
星座石も曜日石も調べれば調べるほどいろいろなパターンが有り一定していないと思います。 調べた資料の入り口の違いや、執筆されていらっしゃるそれぞれの先生方のご考察が反映されていることと思います。 あくまで私なりに調べた・思った限りでここに記したいと思います。 誕生石は聖書をもとに考案され、宝石を扱う業者が選定したもの。 星座石と曜日石は占星術との関わりが大きく、また、聖書にも影響されて考えられたものです。 一週間の曜日と星座の始まり 紀元前7世紀、アッシリア支配下にあったバビロニアの南部でカルデアと呼ばれる地の属州総督 ナボポラッサル により新バビロニア王国が建国されます。 天体を観察することから占星術の大系を作ったと言われるのは カルデア人 です。 ナボポラッサル本人は、カルデア人であるか不明で”誰でもない者の息子”と碑文に書かれており、その素性はわからないままですが、政治的な問題がありわざと隠したのではと考えられています。 とても信心深い人だったという記録が残っており、建設事業が盛んに行われ、前王朝の頃からあった寺院やジッグラト(巨大な聖塔)を建て直し・補修しました。 旧約聖書創世記に登場する” バベルの塔 ”はバビロンにあったとされる ジッグラト が伝説と化したものでは?ともいわれています。 この建設事業はナボポラッサルそして彼の死後即位した息子ネブカドネザル2世の時代に引き継がれ繁栄し、有名な イシュタル門 や 空中庭園 ( 世界の七不思議 の中の一つ)もこの王の時ではと言われています。 この時代、星の運行で運命が決定すると考えられていました。 空を観察しながら国の行く末に関わる事柄や天候や天災等を進言する神官たちは、さらに勉強を重ねていきます。 楔形文字で粘土板に書かれた世界最古の神話であるシュメール神話、そしてこのシュメール人を支配したアッカド人はシュメール神話を継承し、このアッカド神話の内容はほぼそのままバビロニア神話となります。 占星術師たちはこのバビロニア神話に登場する神々と惑星を結びつけました。 1週間=7日のサイクルの大元です。 月 シン 月の神 暦の神 火星 ネルガル 冥界の王 死・疫病の神

誕生石

イメージ
12ヶ月それぞれに、 誕生石 があります。 この誕生石、国によっても微妙に違いがあります。 国別誕生石一覧 日本 アメリカ イギリス オーストラリア カナダ フランス 1月 ガーネット ガーネット ガーネット ガーネット ガーネット ガーネット 2月 アメジスト アメジスト アメジスト アメジスト アメジスト アメジスト 3月 アクアマリン アクアマリン アクアマリン アクアマリン アクアマリン ルビー ブラッドストーン ブラッドストーン ブラッドストーン ブラッドストーン 珊瑚 4月 ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド 水晶 ジルコン サファイア 5月 エメラルド エメラルド エメラルド エメラルド エメラルド エメラルド 翡翠 クリソプレーズ トルマリン(緑) 6月 真珠 真珠 真珠 真珠 真珠 ホワイトカルセドニー ムーンストーン ムーンストーン ムーンストーン ムーンストーン カメオ 7月 ルビー ルビー ルビー ルビー ルビー カーネリアン アレキサンドライト カーネリアン カーネリアン 8月 ペリドット ペ