Wikipedia

検索結果

いしのみせTENDERTIMEYahoo店よりおすすめ

ジャスパー Jasper

ダルメシアンジャスパー
ダルメシアンジャスパー

ジャスパーは石英の中で不透明のものを総じてジャスパーと呼びます。
詳しくは石英の種類と分類-水晶一家ご紹介をお読みください。

ジャスパーの日本での産地

レッドジャスパー
レッドジャスパー
  • レッドジャスパー 佐渡の赤玉石
  • グリーンジャスパー 島根県の出雲石
  • 黄色・褐色など 青森の錦石
ジャスパーは健康を象徴する石とされています。

ピクチャージャスパー

ピクチャージャスパー
ピクチャージャスパー

石の”絵”を読み取ることが出来れば、その”絵”の中に過去からのメッセージがあると言われれるピクチャージャスパー。
その絵の意味は、これからの日々の教訓となるそうです。

ブラッドストーン Blood stone

ブラッドストーン Blood stone
ブラッドストーン Blood stone
濃い緑色に赤い点々…
血が飛び散ったような模様ですね。
そのことからこの石の名前”ブラッドストーン”という名前がつきました。
この血は、酸化鉄によるものです。
別名を、”ヘリオトロープ”
エジプトのヘリオポリスでたくさん採れたためにこの名前がついたそう。
ギリシア語でヘリオス=太陽・向く=トロポスの合成語だそうです。
和名を、血玉髄(けつぎょくずい)・血星石(けっせいせき)・血石(けっせき)と呼ばれます。
3月の誕生石です。

名前に注意

古くはヘマタイトのことを、ブラッドストーンと呼んでいました。
ドイツでは現在でもヘマタイトのことをブラッドストーンと呼びます。
なのでドイツでこの写真の石、日本でブラッドストーンと呼ぶこの石は、ブルーストーンと呼ぶそうです。

産出地

この石は、緑の色が明るめで赤い色が鮮明であればあるほど良質とされます。
インド産は、良質なものが多いといわれています。

ブラッドストーンのいわれ

中世の伝説に、キリストが十字架にかけられた際、その血が足元の緑色の石にかかり、キリストが蘇り昇天した後、その石がブラッドストーンになっていたという話があります。

また、”ヘリオトロープ”という同名の植物があり、その植物のヘリオトロープと鉱物のヘリオトロープ(ブラッドストーン)を一緒に体に付けると、自分の姿が人に見えなくなる(透明になる)といわれていました。(レオナルドゥス 「宝石の鏡」)
兵士たちが戦場に赴く際、攻撃を受けないようにお守りとして持っていたそうです。
ヘリオトロープの花言葉・石言葉はともに”献身”です。

オランダでは、この石を所有すると権力者の怒りを静めることができる・自分の話すことを確実に信用させることができると言い伝えがあるそうです。
また、所有することで取引など”詐欺に合わない”とも言われています。

献身・勇敢・聡明・沈着という言葉で石言葉を表されることが多く見受けられます。
キリストの血という事柄に端を発し、このような内容の言い伝えが流布していったのかなと思わせる内容です。

そして血液との関係があり、血に関することと結びつきが深い石です。
古代エジプトでは、粉にして蜂蜜に混ぜたものを止血剤として使用していたとのことです。

コメント