ビクスビアイト ビクスビ鉱 ビクスビ石 BIXBYITE

Bixbyite on Topaz Thomas Range Juab County Utah USA
Bixbyite on Topaz Thomas Range Juab County Utah USA

和名はビクスビ鉱・ビクスビ石 スペルはbixbyite
ごちゃごちゃになりやすい名前に、ビックスバイト・ビクスバイト bixbite がありますが、これはレッドベリル(緑柱石の赤い色のもの)の別名です。
スペルにYがあったらビクスアイト、なかったらレッドベリルで、ともに同じ発見者であったことから命名が似てしまい、現在、レッドベリルの別名であるビックスバイト・ビクスバイトはIMA(国際鉱物学連合)では非推奨となり、レッドベリルの名前を使うことがメインとなっています。

命名の経緯

  • bixbite ビックスバイト・ビクスバイト→レッドベリル
  • bixbyite ビクスビアイト・ビクスビ鉱・ビクスビ石→本鉱

発見者はメイナード・ビクスビー(Maynard Bixby)。
ビクスビアイトを発見し新鉱物として命名された名前がbixbite。
その後、赤い色のベリルも同じ産地のトーマス・レンジにて彼が発見し、こちらも名前にちなんでbixbyiteとなりました。
が…
紛らわしい^^;ということで先の述べたこととなりますが、鉱物としてはもちろん、全く別の鉱物です。

産地 産状

1. 広域変成岩中のマンガン鉱床中
  産出地 長崎県西海大串鉱山等
  共生鉱物 ブラウン鉱 白雲母 紅簾石 石英 スペサルティン等
2. 流紋岩中
  産出地 アメリカユタ州トーマスレンジ等 
  共生鉱物 トパーズ ベリル 石英 スペサルティン等

産出地はたくさんあります。

基礎データ

  • 化学組成 酸化鉱物 (Mn3+,Fe3+)2O3
  • 色 黒(金属光沢)
  • 条痕 黒
  • 結晶系 等軸晶系
  • へき開 不完全
  • 硬度 6.5
  • 比重 5

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 結晶