ムーカイト モッカイト MOOKAITE

Mookaite Australia
Mookaite Australia

ムーカイト・モッカイトといくつかの呼び名のある独特の色味と質感のあるこの石。
実は化石に近い構造を持つ石です。
名前の由来は採掘される場所、オーストラリアムーカクリーク・Mooka Creek。
”ムーカ”は地元のアボリジニによると”流水”を意味するとのこと。
このムーカクリークは淡水泉がたくさんあり雨季に水を供給しますが、これに関連しているのでは?と考えられています。

1960年半ばより西オーストラリアの海岸沿いにあるカーナーボン(Carnarvon)の東に180kmのムーカリーク(Mooka Creek)にて採掘されています。
ここはもと羊の放牧地で、小さな毛刈り小屋などがポツンポツンとあり、4WDで自給自足の旅をしなければいけないような場所です。
赤い大地と緑。
この地域のクリークとは、雨季には水が溜まって川になりますが、通常水はほぼなく乾燥していて、水の流れた跡が確認できるような地形をしている場所です。
特にこの場所は淡水泉が複数あるようです。

ちなみにここの地域の水は飲めません。

Windalia Radiolarite ウィンダリアラジオラライト

ウィンダリアラジオラライトというのは、このムーカイトと深いつながりを持つ地層の名前です。
ムーカイトがある場所は、かつては海の中であったと考えられます。※1
やがて海水が蒸発していくと、海にいた放散虫の遺骸が数メートルの高さに渡って降り積もります。
更に鉄やシリカをたっぷり含んだ水がこれを固め※2、ウィンダリアラジオラライトという名前の地層となりました。
このウィンダリアラジオラライトは数千メートルもの面積があり、白亜紀前期もしくは約1億2000万年前と言われています。

ムーカクリークの底にこの地層はあります。※3
通常は乾燥していますが、ウィンダリアラジオラライトから水がしみているようで、この場所のあちこちにムーカイトが小さな(小さなといっても抱っこするくらい)塊となって存在しています。

※1 ベレムナイトやアンモナイトの痕跡があることからそう考えられています。
※2 鉄分とシリカの濃度が高い地域性のため、カラーバリエーションが豊かであるという見解です。
※3 通常、ウィンダリアラジオラライトは露頭にて観察(磁器化している)できます。
補足 この段落を書くにあたり、数件の英文を訳したのですが一部どーにもはっきりしない記載などもあり、OKと思われる範囲で私なりにまとめました。

ジャスパー?鉱物?

ジャスパーの一種とサクッと紹介されていますが、実はこんな起源を持っています。
そこで、考えるのは下記の3つやどれか2つが組み合わさったものが、ムーカイトとのこと。

  1. チャート 遺骸が堆積した石
  2. オパライト オパールの透明ではないもの
  3. カルセドニー

と…、これ、鉱物ではないですね…
いくつかの鉱物が混じった岩石ということになります。
良質のムーカイトはカルセドニー質の半透明のものと言われますが、まったく透けていないものの流通もふんだんに見られとても魅力的です。
よく言う、半透明がカルセドニー・不透明がジャスパーという観点で、ジャスパーなのかなぁと思いました。
あ、透けてないからジャスパー説は完全に私個人の推理です^^;
…私は透けてないほうが好きです。

2.ですが、人気のあるピンクオパールは、ムーカイトの別の形との解説を見かけました。
ムーカイトクリークの南に1キロほどのところだそうですが、乳白色ー明るいピンク色のラジオラライトです。
参考 mindatピンクオパール

基礎データ

  • モース硬度6-7
※モース硬度だけmindatにありましたので掲載しましたが、混ざり具合もあると思いますし、その個体によってかなり変動があると思います。
あくまで参考値として考えてください。

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 結晶