ユナカイト Unakite

Unakite unknown

アクセサリーとしてよく見かけますユナカイトは、花崗岩の一種です。
花崗岩は、墓石・建物の外壁等によく使われ、3方向に直交する割れ目ができる性質を持つため、機械のなかった昔から切り出すことができました。
斜長石が熱水にて緑簾石に変化し、緑簾石に正長石や石英が混じった姿ですが、お気づきの方はお気づきかと思いますが、鉱物ではなく岩石です。
岩石とは、いくつかの鉱物が組み合わさってできた石をいいます。

緑・赤(ピンク)・白の混じった模様になっている姿をしていますが、緑色は緑簾石、ピンクの部分には正長石が混じっています。
このピンクの部分ですが、チューライトが混じっているものもありきれいなピンクの結晶が見られることもあります。
また、全体に黄色っぽく錆色が目立つ標本もありますが、全体に鉄分の含有率が高いものは、時間の経過とともに黄色っぽく色味が変わっていきます。

名前の由来はアメリカ・ノースカロライナ州Unaka山地が原産とのことで、その産地に由来して命名されたとのことです。
産地はここの他、インド・南アフリカ・オーストラリア等があります。
全体の硬度や色味は産出地によって変わります。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨