キャストライト(カイアストライト 空晶石) Chiastolite

Chiastolite
Chiastolite
和名は空晶石。
この赤い部分は紅柱石の変種です。
黒い部分はグラファイトなどの炭質で、この黒い部分が十字型に現れたものが空晶石です。

クロスな関係

Chiastolite
Chiastolite
柱状に伸びていて、その断面がクロス型となっています。
これ…
スタウロライトに変身して(間違われている)いることがありますので要注意です。
スタウロライトは…
Staurolite Keivy Kola peninsula Russia
Staurolite Keivy Kola peninsula Russia
スタウロライトは和名は”十字石”。
空晶石の別名は”クロスストーン”。
この関係でごっちゃにされていると思われます。

産地 産状

空晶石は、粘板岩と花崗岩の接触する部分に産します。
断面(十字部分)が見えるような形で母岩(粘板岩等)に埋まって観察されます。

アメリカ・ブラジル・中国・オーストラリア・スペイン・イタリア等で産出します。
そして日本では京都府相楽郡和束町が有名です。

同質異像(多形)

以下の3つは同質異像(多形)の関係となります。
同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。
3つの石は別の石ですが、組成Al2SiO5とと、すべて同じになります。
しかし作られる圧力や温度がそれぞれ違い、この3つの石となります。
  • 藍晶石(カイヤナイト)→低温・高圧
  • 紅柱石(アンダリュサイト)→中高温・低圧
  • 珪線石(シリマナイト)→高温・中高圧

意味 いわれ

名前の由来はギリシャ語の”対角的な配列”→”chiastos”が語源とのこと。
…まんまな気がしつつ、ギリシャ語だとかっこいい…
きれいな模様のものはボタンやビーズに加工され、ヨーロッパではお守りにも活躍していたそうです。

基礎データ

  • 化学組成 Al2SiO5 ケイ酸塩鉱物
  • 色 褐色 茶
  • 条痕 白色
  • 結晶系 斜方晶系
  • へき開 完全
  • 硬度 7.5
  • 比重 3.1

補足 カタカナ読み

英語名ですが、カイアストライトとキャストライト、両方表記を見かけます。

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 結晶