カイヤナイト kyanite


kyanite
kyanite
和名 藍晶石(らんしょうせき)
名前の由来は、英名はkyanos→ギリシャ語で”青色”、和名は色と結晶しやすいことからだそうです。

二硬石 ディスシーン

kyanite
kyanite
硬度がなんと2種類あります。
ちなみに硬度の基準ですが、
  • 硬度4 ナイフの刃で簡単に傷をつけることができる。
  • 硬度7 こすり合わせるとガラスや鋼鉄銅などに傷がつく。
だいぶ違いますよね。
このことが加工を難しくしている要因です。
通販サイトでもカイヤナイトのルースなど、返品御免の商品を見かけることがあります。
この硬度が2種類あるということから、別名”二硬石”(ディスシーン disthene)と呼ばれます。

多形 同質異像

カイヤナイトと…
とは、同質異像です。
同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。
3つの石は別の石ですが、組成Al2SiO5と、すべて同じになります。
しかし作られる圧力や温度がそれぞれ違い、この3つの石となります。
  • 藍晶石(カイヤナイト)→低温・高圧
  • 紅柱石(アンダリュサイト)→中高温・低圧
  • 珪線石(シリマナイト)→高温・中高圧
カイヤナイトが3つの中で一番高圧です。
そしてこの石は耐熱性に優れている為、車のエンジンのスパークプラグなど耐熱材の原料に広く使われています。

産地 産状

圧力の高い変成岩の中に産します。
アメリカ・ブラジル・タンザニア・ロシア・ネパール・等
そして、愛媛県新居浜市東平・富山県黒部市・埼玉県吉見町等

基礎データ

kyanite
kyanite
  • 化学組成 Al2SiO5 ケイ酸塩鉱物
  • 色 青・緑・グレー色・白・黒
  • 条痕 白色
  • 結晶系 三斜晶系
  • へき開 完全
  • 硬度 主軸方向 硬度4~5
           これに直角 硬度6~7.5
  • 比重 3.6

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶