ソーダライト Sodalite

ソーダライト Sodalite
ソーダライト Sodalite
和名は方ソーダ石。
青い色合いが定番のような気がしますが、色合いのバリエーションが有ります。
また、紫外線で蛍光するものもあります。

ユーパーライト YOOPERLITE

YOOPERLITE Lake Superior, Michigan, U.S.A
YOOPERLITE Lake Superior, Michigan, U.S.A

2017年に鉱物・宝石ディーラーのEric Rintamaki氏が発見した、オレンジ色の蛍光を示す小石、ユーパーライトです。
発見場所は、アメリカとカナダの国境付近に五つの湖が連なっており五大湖といわれている湖の中で最大の面積を持つアメリカミシガン州のスペリオル湖
この湖のあるアッパー半島に住む人の愛称である”ユーパー”が名前の由来です。
調査の結果、この蛍光している部分はソーダライトであることがわかりました。
花崗岩と似ている火成岩に蛍光するソーダライトが混じっているものが、このユーパーライトです。

ハックマナイト Hackmanite

ACKMANITE Davis Quarry, Bancroft Ontario, Canada
ACKMANITE Davis Quarry, Bancroft Ontario, Canada
ACKMANITE Davis Quarry, Bancroft Ontario, Canada
ACKMANITE Davis Quarry, Bancroft Ontario, Canada
ソーダライトの変種にハックマナイトがあります。
和名はハックマン石。
組成に硫黄を含んだ赤紫色で、紫外線を硫黄が吸収して色がかわります。
太陽光に少し当てると、肉眼で変色が観察できます。

プリンセスブルー

カナダオンタリオ州バンクロフトにて美しいソーダライトがたくさん採掘されたその時に、イギリスのマーガレット王女がカナダを訪問していたことから、プリンセスブルーという名前が付けられたソーダライトがあります。

ラピスラズリとの関係

見た目が似ているため混同されることが良くあります。
ラピスラズリはラズライト・アウィン・ソーダライト・ノーゼライトなどが混じったものを言います。

産状

ケイ酸分の少ないアルカリ火成岩(霞石閃長岩等)の一次鉱物で、ペグマタイトでも産出されます。
通常塊状ですが、まれに菱型十二面体や八面体の形で産出します。
※マグマや熱水から最初にできた鉱物を一次鉱物といいます。
初生鉱物とも言います。

基礎データ

  • 化学組成 珪酸塩鉱物 (テクトケイ酸塩鉱物)Na4Al3Si3O12Cl
  • 色 青・緑・灰・赤紫・ピンク等
  • 条痕 白色
  • 結晶系 等軸晶系
  • へき開 なし
  • 硬度 5.5~6
  • 比重 2.3

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶