投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

セレスタイン セレスチン Celestine

イメージ
セレスタイン セレスチン 和名 天青石の名前の由来はこの石のイメージ色である青い色、”空”を意味するセレスチアルからともう一つ、2つの説があります。
色と名前の由来 1781年イタリアのシチリア島にて発見され1798年にアブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(1749 - 1817)が命名しました。 実はこの命名、もう一つ説があり、素晴らしいという意味のラテン語coelestisからとも言われています。 どちらにしても天青石の美しさが語源ですね。 そして色ですが、青だけでなく、白や茶色の天青石も有ります。 姿 よく目にするのは晶洞に成長しているものかと思います。 他にも針状結晶のものや塊になっているものなどがあります。 とても柔らかい鉱物なので落とすと粉々になってしまいます。 気をつけてください。 産地産状 堆積岩の中や、海水が蒸発して沈殿した堆積岩及び熱水鉱床に見られます。 共生鉱物は石膏・方解石・苦灰石・自然硫黄等があります。 マダガスカル・イタリア・ドイツ・ポーランドそしてとても少ないですが日本。 島根県鵜峠鉱山(うどこうざん昭和45年閉山)で石膏とともにわずかに見られたそうです。 蛍光 蛍光とは、ブラックライト(紫外線)を照射すると発生する蛍光性のことで、光があたっている間だけ光ることを言います。 天青石は通常は蛍光は有りませんが、副成分としてバリウムやカルシウムがあると蛍光する場合があり、含まれる副成分によって蛍光する色も違う色が観察できます。 炎色反応 天青石は、赤い炎色反応が見られます。
炎の中に鉱物を入れると、特有の色の炎になるものがあります。 それを炎色反応といいます。 鉱物に含まれる元素が、化学変化を起こすためにこの反応が出ます。 鉱物の元素をこの方法で調べることができます。 赤い炎色反応はストロンチウムで花火に使われています。 基礎データ化学組成 硫酸塩鉱物 SrSO4色 青色・茶色・黄色 等条痕 白色結晶系 斜方晶系へき開 完全硬度 3-3.5比重 4

アンハイドライト anhydrite

イメージ
硬石膏と石膏は別物です。
CaSO4・2H2Oこれが石膏。
硬石膏は水分子を離した形のCaSO4。
鉱物としては別物となります。
水 硬石膏という名前は水を含まないため、石膏よりも硬いということからのネーミングだそうです。 英名のanhydrite/アンハイドライトは無水という意味のギリシャ語anhydrousが由来とのこと。 硬石膏は環境に水が多いと石膏へかわります。 姿と性質 小さな粒が集まった塊のような形で産出することが多いですが、板状もあります。
見た目は方解石とも似ていますが、学校で実験を行ったと思いますが、方解石は塩酸で発泡しますが、硬石膏は発泡は有りません。
オレンジの炎色反応があり、加熱で溶けます。 産状 海水の水が蒸発し、沈殿してできる鉱物です。 カナダ・アメリカ・スイス・イタリア・オーストラリア等が産地となります 日本では黒鉱鉱床に産します。 黒鉱は日本海側に見られる見た目が黒い鉱石の総称(銅・鉛・亜鉛の鉱石で、閃亜鉛鉱や方鉛鉱、黄銅鉱)黒鉱鉱床は海底で火山が噴火し溶岩が堆積した後、マグマの熱によって熱水が噴出したことによって堆積した鉱床です。 この部分に硬石膏が見られます。 ※黒鉱の参考資料 東北大学総合学術博物館 企画展 「まっくろ黒鉱ー驚きに満ちた鉱石ー」 基礎データ化学組成 硫酸塩鉱物 CaSO4色 無色・青色・紫色・灰色・褐色 等条痕 白色結晶系 斜方晶系へき開 完全硬度 3.5比重 3

ジプサム 石膏 Gypsum

イメージ
ジプサム和名石膏は、海や塩湖の水が蒸発し層状になった地層中に岩塩や硬石膏等とともに見られます。
形や色のバリエーションもあり、美しい鉱物です。
基礎データ化学組成 硫酸塩鉱物 CaSO4・2H2O色 無色・白色・褐色・灰色・黄色 ・赤色 等条痕 白色結晶系 単斜晶系へき開 完全硬度 2比重 2.3 姿 石膏の色は基本的には透明や白が基本です。
不純物が混ざることによって色味が付きます。
無色透明なものをセレナイト Seleniteと呼びます。
形は平行四辺形の板状のイメージが強いと思います。
双晶をなすことも多くフィッシュテールセレナイトと呼ばれているものが有名です。
他に、細い繊維が平行に並び絹糸状光沢が見られるサテンスパー Satin spar、微細結晶が集まった塊状のものをアラバスター Alabaster、そして薔薇の花弁のような形のデザートローズ Desrt roseがあります。
セレナイト Selenite 形は柱状や板状の形が多く、ヨーロッパではその透明度から教会の板ガラスとして利用していたそうです。
”聖母マリアのガラス”とも呼ばれています。
名前の由来はギリシャ語で月を意味する”selene”です。
フイッシュテールセレナイト Fish tail selenite V字型の双晶(※)の形をした物で、魚の尾に形が似ていることからこう呼ばれます。
※双晶とは、2個以上の鉱物が一定の角度で規則正しく結合しているものをいいます。
参考 双晶

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 結晶

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト