セレスタイン セレスチン Celestine

celestite
Celestite マダガスカル
セレスタイン セレスチン 和名 天青石の名前の由来はこの石のイメージ色である青い色、”空”を意味するセレスチアルからともう一つ、2つの説があります。

色と名前の由来

1781年イタリアのシチリア島にて発見され1798年にアブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(1749 - 1817)が命名しました。
実はこの命名、もう一つ説があり、素晴らしいという意味のラテン語coelestisからとも言われています。
どちらにしても天青石の美しさが語源ですね。
そして色ですが、青だけでなく、白や茶色の天青石も有ります。

姿

よく目にするのは晶洞に成長しているものかと思います。
他にも針状結晶のものや塊になっているものなどがあります。
とても柔らかい鉱物なので落とすと粉々になってしまいます。
気をつけてください。

産地産状

堆積岩の中や、海水が蒸発して沈殿した堆積岩及び熱水鉱床に見られます。
共生鉱物は石膏・方解石・苦灰石・自然硫黄等があります。
マダガスカル・イタリア・ドイツ・ポーランドそしてとても少ないですが日本。
島根県鵜峠鉱山(うどこうざん昭和45年閉山)で石膏とともにわずかに見られたそうです。

蛍光

蛍光とは、ブラックライト(紫外線)を照射すると発生する蛍光性のことで、光があたっている間だけ光ることを言います。
天青石は通常は蛍光は有りませんが、副成分としてバリウムやカルシウムがあると蛍光する場合があり、含まれる副成分によって蛍光する色も違う色が観察できます。

炎色反応

天青石は、赤い炎色反応が見られます。

炎の中に鉱物を入れると、特有の色の炎になるものがあります。
それを炎色反応といいます。
鉱物に含まれる元素が、化学変化を起こすためにこの反応が出ます。
鉱物の元素をこの方法で調べることができます。
赤い炎色反応はストロンチウムで花火に使われています。

基礎データ

  • 化学組成 硫酸塩鉱物 SrSO4
  • 色 青色・茶色・黄色 等
  • 条痕 白色
  • 結晶系 斜方晶系
  • へき開 完全
  • 硬度 3-3.5
  • 比重 4
Celestite Madagascar
Celestite Madagascar

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨