ブラジリアナイト ブラジル石 BRAZILIANITE

ブラジル石 Brazilianite Linapolis Minas Gerais, Brazil
ブラジル石 Brazilianite Linapolis Minas Gerais, Brazil

黄色の結晶のブラジル石。
名前の由来はブラジルで最初に発見されたことが由来で、ブラジルミナスジェライス州コンセリェイロ・ペナ鉱山にて1945年に発見されました。
透明感のある黄色ー黄緑色の結晶で、柔らかい石のためアクセサリー加工はあまりされていませんが、観賞用にルースとしてカットされたものがコレクターに人気です。

産出地 産状

短い柱状の結晶でペグマタイト電気石燐灰石とともに産します。
色味は通常は透明感のあるスッキリとした黄色ですが、黄緑色のものも見られます。
また透明感のない褐色(ベージュ)のものも存在します。
産出地は原産地のブラジルの他、アメリカニューハンプシャー州にも産出します。

基礎データ

  • 化学組成 リン酸塩鉱物 NaAl3(PO4)2(OH)2
  • 色 黄色 黄緑色
  • 条痕 白色
  • 結晶系 単斜晶系
  • へき開 完全
  • 硬度 5.5
  • 比重 2.98

補足 発見年が1944年と1945年両方の記載が文献によって見られました。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 結晶

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト