ポルダーバールタイト POLDERVAARTITE

 
Poldervaartite
N'Chwaning Mine, Kuruman, North Cape, South Africa

オルミアイトとポルダーバールタイト

ポルダーバールタイトといえば、2006年に新鉱物として登録されたオルミアイトとの絡みが浮かびます。
もともとはポルダーバールタイトでひとくくりとされていましたが、Mn(マンガン)の含有量が多いポルダーバールタイトが発見され、それがオルミアイトとなりました。

Ca(Ca,Mn)(SiO3OH)(OH)
  • Ca<Mn オルミアイト(Olmiite) CaMn2+(SiO3OH)(OH)
  • Ca>Mn ポルダーバールタイト(Poldervaartite) CaCa(SiO3OH)(OH)
かっちり置換した状態ということではなく、端成分がCaとMnで間の部分はバリエーションがあります。
肉眼での判別は不可能です。

過去、ポルダーバールタイトととして鑑別されたものでも、オルミアイトとして鑑別結果が出るものが多数あるかと思います。
それぞれの産地別で見たときに、とある産地で産出したポルダーバールタイトはほとんどがオルミアイトだったという話もあります。
お手持ちのポルダーバールタイト、オルミアイトかもしれませんね。

名前の由来

ポルダーバールタイトはオランダの岩石学者 Arie Poldervaart 、オルミアイトはイタリアの鉱物学者Filippo Olmiに因みます。

基礎データ

  • 化学組成 マンガン珪酸塩鉱物 Ca(Ca,Mn)(SiO3OH)(OH)
  • 色 カラーレス 乳白色 ピンクホワイト 茶色
  • 条痕 白
  • 結晶系 斜方晶系
  • へき開 なし
  • 硬度 5
  • 比重 2.91

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶