デンドリチックアゲート dendritic agate

dendritic agate
dendritic agate

和名 忍石・樹枝状瑪瑙

デンドリチックアゲートの名前の由来はギリシャ語の樹木”dendron”とのことです。

アゲートとは、石英(水晶)グループの一員で半透明で縞のあるものをいいます。
縞がなく、色が比較的均一だとカルセドニーという名前になります。
しかし、流通上混じっているのが実情です。

因みに、樹枝状となるものはアゲートだけではなく、

  • 水晶(デンドリチッククォーツ)
  • オパール(デンドリチックオパール)

等もあります。

亀裂に入るマンガンや鉄分が石に素敵な絵を描いてくれます。
風景画のようにとても綺麗な物もあり、そのようなデンドリチックアゲートのことを特に、ランドスケープアゲート/landscape agateと呼びます。

マンガン

Mn 原子番号25。
元素です。
マンガン乾電池等聞いたことがあると思います。
このマンガンとは、人間になくてはならない必須元素でもあり、骨の成長や代謝・消化に関わる機能を果たします。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶