投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

ローマングラス roman glass

イメージ
ローマングラスとは、ローマ帝国内でローマ時代(AD27-BC395)に作られたガラス器のこと。
この時代に作られたガラスが地中に埋もれ、ガラスの成分であるケイ酸や酸化アルミと、土の中に存在する銅・鉄・マグネシウムなどと長い長い年月をかけ反応するとローマングラス特有の表面がきらきら光る”銀化”となります。
宝物から日常へ 紀元前一世紀までのガラスは、型を利用した不透明なものでした。
型を使うことにより大きなものは作成ができず小型のもののみで、量産もできなかったため宝物という地位でした。
ですが紀元前一世紀中頃シリア地方で発明された”吹きガラス”の製法が一気に広がったことが、透明なガラスと日常で使用するに十分なものに変化を遂げました。
型を利用し一つ一つ作成していたものが吹きガラスという製法の発明によって量もたくさん作ることが可能となったことから、ガラスの値段は1/200にも下落したとのこと。
宝物から日常品へと大変身しました。
このような現象は今でもありますよね。
印刷技術が進歩し本が庶民にいきわたり、そして今やPCでの情報が身近となりました。
子どものころに図書館に通っては眺めていた買えなかった高い本が電子ブックへなろうかという時代ですね。
ローマングラスの広がりと銘 ローマングラスはローマ帝国内の発見のみならず、それ以外の場所でも発見されており、貿易の広がりがわかります。
ユーラシア大陸全域・アフリカ東岸・アフリカ北岸でも発見されています。
ローマングラスに”銘”があるものが発見されています。
ギリシア文字とラテン文字、合わせて320名ほどの銘が判明しているとのことです。
詳しい貿易地図の完成ですね。
遠い昔の異国の文化がローマングラスというものによって身近に感じられます。
宝物から日常品へ、そしてまた長い長い年月をかけて宝物へ変身したローマングラス。
そう思って眺めてみると、ちょっといい時間が過ごせます。

ゲーサイト Goethite

イメージ
和名 針鉄鉱
褐鉄鉱のメイン鉱物です。
褐鉄鉱は、数種類の水酸化鉱物で構成されています。
褐鉄鉱というと、黄色っぽい土状の塊を思い浮かべますが、その正体の殆どはこのゲーサイトです。
その昔、褐鉄鉱の土状の産出が多かったことから、針鉄鉱は珍しいもの..という認識があったそうです。

基礎データ 化学組成  水酸化鉱物   FeO(OH) 色  黒色・黄褐色・黒褐色等条痕  茶色っぽい黄色結晶系  斜方晶系へき開  一方向に完全硬度  5~5.5比重  3.3~4.3 ゲーサイトの七変化 ゲーサイトはいろいろな形と色合いに変化します。
形はその名の通り針状、各種水晶の中に内包されて存在する場合も多く見かけると思います。
また、塊状であったりぶどうの房のようにブドウ状や繊維状の結晶が放射状になっているものなどが見られます。
色合いは黄色~褐色・黒。
赤でも現れます。
この赤い針がたくさん水晶の中に内包され、美しい赤色になったものはストロベリークォーツと呼ばれていますね。
ゲーサイトと文豪ゲーテ ゲーサイトの名前の由来は文豪ゲーテです。 本で”ゲーテの言葉”が流行った時期がありましたね。
実は私も持ってます(笑)
ゲーサイトの名前の由来はこのゲーテです。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
Johann Wolfgang von Goethe
Goethe→Goethite
花崗岩が好きだったとのことで、”花崗岩について”という論文を発表しており、ドイツ鉱物学会創立メンバーです。
ゲーサイトはゲーテ鉱とも呼ばれます。
ゲーテといえば、若きウェルテルの悩みファウストなど作家的や先ほどの本のように哲学者なイメージが強いですが、鉱物にも長けています。
天才ということばがビシッときますね。
産状 針鉄鉱は世界中に広く分布し、あちこちで見る事ができます。
磁鉄鉱・黄鉄鉱・菱鉄鉱など鉄鉱石を含む鉱床の酸化帯にできる二次鉱物です。
酸化した鉱床の一番上の部分を覆っているものを、ゴッサンもしくはアイアンハットと呼びます。
ゴッサンは”gossan”で”焼け”の意味。
殻のように上の部分を覆い、横たわっている部分です。
沈殿物としても見られ、沼鉄鉱と呼ばれるものがあります。
沼などで鉄分を含む水が沈殿し、周りにあった草や木を含むことで化石を巻き込むことになりできたものをいいま…

ジェット Jet

イメージ
和名 黒玉(コクギョク)
有名な別名は2つです。
ガガテス(gagates)
ギリシャ語で小アジア・リュキアのガガイの町ここから言葉が崩れて、ガゲート(gagat)とも呼ぶようになったそうです。黒琥珀
木が海に沈み、海の底で圧力がかかり化石化した”木の化石”です。 ジェットは植物の化石 植物の化石というと、石炭。
石炭は植物が分解されずにそのまま地面に埋まり、泥炭褐炭瀝青炭無煙炭と石炭化します。
この石炭化の過程の褐炭の段階のもので、黒色変種といわれるものだそうです。
このジェットは松の木の一種の化石だそうです。
そしてこの石、石炭と同じで燃えます。
燃えると石炭の臭いがするとのこと。
更にこすると帯電します。
これは琥珀と同じで、このことから黒琥珀とも呼ばれています。
産出地 産地は、初めてジェットが採掘された地、イングランド・ヨークシャー州ホイットビーが一番有名ですが、他にもスペイン・ドイツ・フランス・ロシア・アメリカなど石炭層のある地域から産出されます。
モーニングジュエリー 紀元前1400年頃から採掘されていたそうで、有史以前のお墓から加工したものが発見されているそうです。
古代ローマでは修道士のロザリオとして使用されていました。
オブシディアン(黒曜石)の黒鏡と同じように、スクライングに使用していたこともあるそうです。
19世紀、イギリスのヴィクトリア女王が夫(アルバート公)をなくした際、20年以上にもわたってモーニングジュエリー(喪に服する期間に身につける装身具)として身につけていました。
イギリスを中心にこのジェットは、”モーニングジュエリー”としてヨーロッパで流行しました。

お守りの役目を古い昔から担っているジェット。
手に持つと、見た目よりびっくりするほど軽く感じます。
”軽い”というのは利点だと思います。
アクセサリーにした際、どうしても重さが気になってしまう天然石。
このジェットは、軽くて見た目はとても重厚。
光沢もきらびやかです。
注意点 傷がつき易いので取り扱いには注意してください。
強い乾燥に注意してください。
ひび割れます。

貝化石 巻き貝と二枚貝 Shell fossils

イメージ
貝化石 巻き貝軟体動物腹足綱に分類されます。
基本は巻き貝を持ったものという分類ですが、貝の部分が小さくなったもの・消失したものも含みます。
ナメクジは貝の部分を小さくすることでかたつむりから進化したものです。
民間療法でナメクジを食べるといい(何にいいのかわかりません..)というものがあるそうです。
…ナメクジは貝の仲間ですが、食べるのは危険です!
寄生虫の宿主になっていることがあり、広東住血線虫と呼ばれるもので、日本でも死亡例が出ているそうです。
巻き貝は、カンブリア紀より現れ、原生種は60000種ほどだそうです。
海・淡水・陸上とあちこちで生活しています。
陸上…
ナメクジ(もういい!と言われそうな気が…)とかたつむりを合わせて、陸貝といいます。
形・体 巻き貝は螺旋状で左右非対称です。
殻の部分は方解石やアラレ石が含まれています。
柔らかい部分は眼と口のある頭部と移動のための足があります。
貝化石 二枚貝 はまぐりやしじみ等、二枚貝は馴染みが深いと思います。
二枚の貝が靭帯でつながる、軟体動物門二枚貝綱です。
もぐって生活するものが多いのは潮干狩りのイメージで理解できると思います。
砂の中以外にも岩や流木も家となります。
二枚貝の食事は、水やくっついている部分の有機物をろ過しています。
形 体 二枚の殻がくっつくいているところは凸凹に噛みあうようになっていて”歯”と呼ばれ、しっかりと咬み合っています。
そして左右は非対称。
この非対称さは微妙な感じの非対称さです。
よく見ると…非対称だわ!という感じです。
写真解説 三畳紀からジュラ紀後期に生息し、海底の泥の中で生息していました。
ぱっと見た目、二枚貝?と思うのですが、巻いたようなふくらんだこの形のものと、相方の殻の形は蓋をする様な形の二枚貝です。
形から、魔女の靴・悪魔の足の爪等言われていますが、あの、みんな大好き牡蠣のご先祖さま!と思うと、ちょっと…なネーミングかなぁと思います(笑)


マラカイト Malachite

イメージ
マラカイトはアズライトと共生している姿が多く見られます。
和名は孔雀石。
層状に重なった色の濃淡は、結晶が育った成長線の跡。
このように層状のもの・塊状・ブドウ状で産出されることが多いです。
層状のものは観賞用として出回っています。
この石はアズライトといろいろかぶっています。
まず、”アジュールマラカイト” ”アズロマラカイト”という呼び名。
アズライト(青)とマラカイト(緑)が混じっているものをそう呼んでいます。
そして、ともに柔らかい石なので取り扱いは要注意です。
そしてもちろん、銅鉱床の二次鉱物です。
基礎データ化学組成 炭酸塩鉱物  Cu2(CO3)(OH)2色 緑条痕 緑結晶系 単斜晶系へき開 完全硬度 3.5~4比重 4 アズライトと基礎データを比べると、ほとんど同じです。
大きく違うのは色ぐらいなものです。
名前の由来 名前の由来ですが、和名の孔雀石は、層状のマラカイトが孔雀の羽のように見えるということからつけられた名前。
英名のマラカイトは、ギリシャ語でアオイ科のゼニアオイ”marache”に由来するそうです。
因みにアオイ科の仲間は、ムクゲ・フヨウ・ハイビスカス・オクラ等よく知られたものが多いです。
そしてこのゼニアオイですが、wikiのアオイ科の解説ページの下の方の画像欄にピンクの花のとっても綺麗なゼニアオイが掲載されています。
・・・ピンク?
しかし、まじまじと葉っぱを見た私。
葉っぱを遠くから見たとき、丸い球状の模様を思い浮かべました。
写真にはありませんが、マラカイトは模様が球状に丸くでることもあります。
違うかな…
クレオパトラのアイシャドウと岩絵具クレオパトラのアイシャドウに用いていたとの話ですが単にお化粧だけではなく、相手の心を見抜く力があると言われていたために使われたとの話もあるそうです。
(他に眼病予防のためとも言われています。)
歴史に翻弄されたその人は、生きていくためにその力を信じてアイシャドウにしたのかもしれません。
昔から、世界各地で顔料として使用されています。


そして岩絵具として有名です。
日本では”岩緑青”と呼ばれていて、日本画になくてはならないものです。
※緑青(ろくしょう)#5BAD92
緑系の代表的な伝統色。
中国より飛鳥時代に色の名前とともに伝来したとのことです。

マグネタイト Magnetite

イメージ
スピネルグループに属する、鉄の主要鉱石です。
磁性を持っていることが特徴です。
鉄鉱石 鉄の原料となる主要な鉱石です。
※鉱石とは鉱業用の採掘の対象となる鉱物や岩石のことです。
他に鉄鉱石としては、
磁鉄鉱赤鉄鉱褐鉄鉱シデライト などがあります。
マグネタイトの仲間 鉄の酸化鉱物である磁鉄鉱は含まれる成分によって仲間がたくさんいます。
MgFe2o4-マグネシオフェライト(マグネシウム)ZnFe2o4-フランクリン鉄鋼(亜鉛)MnFe2o4-ヤコブス鉱(マンガン)NiFe2o4-トレボライト(ニッケル) 磁性-方位磁針 鉄を引きつける程の強い磁力を持っているものを、”天然磁石”と呼びますが、この天然磁石は方位磁針としても利用されます。
マグネタイトの磁力の強力なものを大昔の航海で利用したそうです。
理科の実験で磁石に砂鉄を付けたことがありますよね。
この砂鉄は、つぶつぶになっているマグネタイトです。
八面体が有名なマグネタイトですが、このように砂粒に混じったり、岩の中でばらばらに見つかったり、また、十二面体のものもあります。
産地 産状 あちこちで産出されるますが、特に、スウェーデンのノルボッテンに世界最大の鉱床があるほか、アメリカNY州には大規模な鉱床があり、とても良い結晶のものがともに産出されます。
また我らが日本では、岩手県釜石鉱山・埼玉県秩父鉱山・北海道三石町などが挙げられます。
※北海道三石町は、2006年3月31日新設合併 静内町・三石町→現新ひだか町
名前の由来 調べたところ、3つの説を見かけました。
マグネタイトが多く産出した、マケドニアの地名”マグネシア”に由来はいている靴の金具等の金属がマグネタイトを含む岩石に引き寄せられることを発見した、羊飼いの少年の名前”マグネス-magnes”に由来磁石の”マグネット-magnet” さてどれでしょう…
1に関しては元素としてのマグネシウムという名前の命名由来で、3に関しては1の産地で磁石の原料となった鉄の酸化物の命名由来という記述を見つけました。
また他の文献で2に関して”伝説”と記載してあるものもあり…
さてさて遠い昔のホントのところは?
これが楽しい(笑)
基礎データ 化学組成 酸化鉱物  Fe2+Fe3+2O4色 黒色条痕 黒色結晶系 等軸晶系へき開 なし硬度 5.5~6.5比重 5.2

白鉄鉱 マーカサイト Marcasite

イメージ
基礎データ化学組成 硫化鉱物 FeS2色 黄色条痕 灰黒色結晶系 斜方晶系へき開 明瞭硬度 6~6.5比重 4.9 化学式は黄鉄鉱(パイライト)と同じ化学式です。
化学式は同じですがパイライトは等軸晶系、白鉄鉱は斜方晶系です。
これは化学式は同じだけれど結晶構造の違うもの=多形・同質異像といいます。
同質異像(多形) 化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。
結晶の形は柱状・板状を多く見かけます。
”トサカ”のような形が並んでみられるようなものもあり、いろいろな姿で楽しませてくれます。
比較的地表に近い堆積岩にみられ、酸性の水溶液が地下に浸透することで産します。
黄鉄鉱と色合いを比べると、白鉄鉱のほうが名前の通り、白っぽい金色です。
モーニングジュエリーで有名なジェットや真珠とともに、哀悼の気持ちをあらわす宝石として使用された歴史を持ちます。(後期ビクトリア時代)
※モーニングジュエリー(mourningjewelry) 喪事のとき着用する宝石
保管に関してですが、空気に触れると酸化被膜を作り黒っぽく変色してしまいます。
私は、密封袋に小さなシリカゲルを入れてさらに個別ケースに収納して保管しています。
また、光にも反応するとの記載をちらりと見たので、棚の奥のほうに保管をしています。
黄鉄鉱と比べ酸化のスピードが速いですので、そのまま(むき出しのまま)ポンと置いておくのはやめたほうがよいと思います。
追記 保管について調べたところ、いろいろなケースがあるようです。
乾燥すると分解が早まる、つまりボロボロになるスピードが速まるということで、ケースに入れるだけで保存している方もいるそうです。
その土地の気候や保管場所の状態にもかなり左右されると思いますので、たまに確認が一番ベストですね。
また、水分と反応して硫酸を作るので、触った後は必ず手を洗いましょう。
そのままお菓子をつまむのはやめましょうね。
ここからはこそっと話(笑)
黒っぽくなってしまったマーカサイト、台所用洗剤でわしわし洗って外で完全乾燥。
その後密封袋+シリカゲルで保管し半年後。
全く問題ございません!
しかし、やり方はあくまで自己責任でどうぞ(;^_^A

褐鉄鉱 リモナイト limonite

イメージ
褐鉄鉱という名称に関してですが、鉱物名では使用しません。
褐鉄鉱は針鉄鉱(ゲーサイト)もしくは鱗鉄鉱(レピドクロサイト)が混じったものの名前、もしくは鉄の酸化したもの(早い話がサビ)を言います。
いわゆる一般的なサビとは、この褐鉄鉱のことです。
写真を見てもらうといかにもな色をしていると思います。
鱗鉄鉱・針鉄鉱以外にも他の鉱物が混じっていることもあり、この酸化する前の鉄分を含む鉱物である、菱鉄鉱・磁鉄鉱などが酸化しきらずにそのまま出てきたりもします。
見た目は写真のものが代表的で、土のような塊が多いですが、ぶどう状・針状の場合もあります。
また、色見も黄色味が強いものから黄土色・黒までバリエーションがあり、半透明のものもあります。
また粉のようになっているものもあります。
へき開は完全で、硬度は5~5.5(ナイフで何とか傷をつけることができる)です。
ちなみに、この名前の由来はギリシャ語で草地の意味で”leimon”だそうです。
リモナイトとラテライト このリモナイトで無視できないのが”ラテライト
農業には向いていない、痩せた土としてよく言われる赤土の代表です。
亜熱帯・熱帯の地域に分布しており、インドなどはレンガの原材料として使用しているそうです。
このラテライト中でリモナイトは多く生産されます。
色をイメージできると、なんとなくわかるような気になります。
リモナイトの用途 黄色の絵の具の原料としても使われているそうで、海外サイトですが”リモナイト”という名前の顔料を見つけました。 キプロス産の針鉄鉱で作られた顔料とのことのようです。
また、このリモナイト、消臭作用に優れているそうで、ワンちゃん好きの方はご存知かと思いますがワンちゃんのおやつなどに混ざったものが販売されています。
沼鉄鉱 高師小僧 この褐鉄鉱、色々な形と呼び名を持つ石でもあります。
沼鉄鉱という名前も持っています。
沼などで鉄分を含む水が沈殿し周りにあった草や木を含むことで化石を巻き込み、褐鉄鉱を形成したものを呼びます。
これの代表は高師小僧(たかしこぞう)
愛知県のものが有名ですが、他の県でもあります。
しかし、天然記念物に指定されていて採取禁止になっているところもあるので要注意です。
細長い形で、根があった部分が空洞になっているものもあります。
香合石 そして、私も以前行きました奇石博…

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨