オパール Opal

opal Wello Valley Ethiopia
opal Wello Valley Ethiopia 

遊色効果からオパールの意味・いわれを考える

オパールは、遊色効果から意味を考えると覚えやすく判りやすいかと思います。
遊色効果(プレイオブカラー)とは、オパールの中のシリカが光を回折させるためにおこる、表面の虹色のきらきらした輝きのこと。
その”きらきら感”を”子供の瞳”と、たとえてみましょう。
素直で希望にあふれ、無邪気な瞳で世の中を見ています。
何でも楽しくしてしまう、積極的な姿勢。
そして、遊色の輝きの色がたくさんあることに習って、たくさんの才能と解釈をすることもあります。

ウォルタースコット 「ガイエルスタインのアン」

イギリスの作家ウォルタースコットの小説「ガイエルスタインのアン」はそれまでのオパールのイメージをがらっと変えるきっかけとなりました。
主人公とオパールの髪飾りは魔法にかけられ、楽しい時には美しい輝きを放つオパールの髪飾りが、主人公が怒ると真っ赤になるという話で、オパールに聖油をかけて魔法をとくと、主人公は一握りの灰になってしまうというお話です。
それまで古の世から美しい・希望の石として言い伝えられてきたオパールは、この小説によって不吉の石の象徴となってしまいます。
遊色効果を”心変わり”と結びつけたことから、不吉の象徴として扱われた時期がありました。

サラ・ベルナール

そして、そんな当時のこと。
フランスの女優、サラ・ベルナールはオパールを肌身離さずつけていたことで有名です。
まだ芽の出ない無名の時代、ファンからオパールをもらったそうです。
そして大女優になった際、舞台でもふんだんにオパールを身につけました。
そして後、79歳で永眠。
国葬となりました。
サラは生まれも貧しく、苦労して大女優となり、事故で片足を切断する事になった波乱の人生を歩みました。
そんな中、オパールとともに事故にも負けず仕事をしていたそうです。
まさに、”希望の石”の復活を体現した人だと思います。

オパールの分類

オパールはいろいろな分類法があります。
私自身も今までごちゃごちゃしていたのをこれを機に、調べなおしてみました。
諸説いろいろあるとおもいますが、以下の内容でまとめてみました。

オパール分類法その1 プレシャスオパールとそれ以外のオパール

◆プレシャスオパール

  • ホワイトオパール
    地色が明るい白、もしくは明るい乳白色の淡色の色合いのもの。
  • ブラックオパール
    地色が黒・濃い青・緑色・グレーのもの。
  • ウォーターオパール
    地色が透明で水のようなもの。
  • ファイアーオパール
    地色が黄色・オレンジ・赤のもの。
  • ボルダーオパール
    地色が茶色(母岩が褐鉄鉱)のもの。オパール層と母岩を丸ごと研磨したオパールの総称。クィーンズランドオパールとも呼ばれます。
  • ライトオパール
    地色が半透明のクリーム色・乳白色・ホワイトグレー色のもの。
ライトオパールの色味が細かく分かれた色味のものが、ホワイトオパールです。
よく同じ言葉の意味合いで使われていますが、厳密には違うとのことです。
※ ボルダーオパールとライトオパールは最近プレシャスオパールの分類となったそうです。

◆プレシャスオパール以外のオパール

◇遊色効果のあるオパール
  • アンバーオパール
    ゴールドオパール。
    地色が褐色・黄色の遊色効果のあるもの。
  • フレームオパール
    光が縞状・筋状に走るもの。
  • アイアンオパール
    ピンポイントオパール。
    光のポイントが小さいもの。
◇遊色効果のないオパール
  • コモンオパール
    遊色効果のないもの。
  • ハイドロフェーン
    水分のないオパール。
    水に浸すと遊色効果を示します。
  • ウッドオパール
    樹木の化石化したもの。
  • モスオパール
    苔状のインクルージョンがあるもの。
  • ワックスオパール
    ワックスのような光沢のもの。
  • セミオパール
    半透明のもの。
  • オパライト
    不透明で色がきれいなもの。

オパール分類法その2 産地による分類

◆オーストラリアオパール

  • ホワイトオパール
    地色が明るい白もしくは明るい乳白色の淡色の色合いのもの。
  • ブラックオパール
    地色が黒・濃い青・緑色・グレーのもの。
  • ジェリーオパール
    メキシコ産のウォーターオパールに相当。
    無色で遊色効果が高い。
  • クリスタルオパール
    遊色が一様ではなく、それぞれの色が強く現れるもの。
  • グレイオパール
    地色が灰色の遊色のもの。
  • アンバーオパール
    ゴールドオパールとも言われます。
    地色が褐色・黄色の遊色効果のあるもの。
  • セミブラックオパール
    ブラックオパールよりも地色に透明度があるもの。
    明るい感じのもの。
  • クリスタルブラックオパール
    ブラックオパールとセミブラックオパールの中間のもの。
  • ボルダーオパール
    地色が茶色(母岩が褐鉄鉱)のもの。
  • オパール層と母岩を丸ごと研磨したオパールの総称。
    クィーンズランドオパールとも呼ばれます。
  • コモンオパール
    遊色効果のないもの。
  • オパライト
    不透明で色のきれいなもの。

◆メキシコオパール

  • ファイアーオパール
    地色が黄色・オレンジ・赤のもの。
    ブラックオパールに並び、日本でとても人気のある石です。
  • ウォーターオパール
    地色が透明で水のようなもの。
    メキシコ産代表オパール。
    ファイアーに対してウォーターと呼ばれます。
    無色で遊色効果が高いもの。
    ”メキ・白メキ”といえば、このウォーターオパールをいいます。
  • カンテラ
    母岩付きの遊色オパール。
    メキシコのオパールの母岩である流紋岩を、メキシコの名前でカンテラ(cantera)と呼ぶそうです。

オパール分類法その3 産状による分類

◆マウンテンオパール

火成岩の中にできたもの。
メキシコオパールが相当します。
珪酸を含んだ熱水が作用してできたもので、高温で急速にオパール化したため、透明度が高い。

◆サンドストーンオパール

砂層のなかにできたもの。
オーストラリアオパールが相当します。
珪酸を含んだ温水が作用してできたもので、低温でゆっくりオパール化したため、透明度が低い。

※ピンクオパールはコモンオパールの分類とされてきましたが、ほとんどのピンクオパールがパリゴルスカイト(粘土の一種)とクリストバライト(方珪石)が混じった混合鉱物であるということだそうです。

注意点

opal Wello Valley Ethiopia
opal Wello Valley Ethiopia 
オパールは水分を含む鉱物なので乾燥に弱いです。 
(パリゴルスカイトも水分を含んだ鉱物です。)
熱や乾燥でひび割れをおこします。
割れやすく、傷もつきやすい石です。
長時間の日光は避け、取り扱いには十分注意してください。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨