カルセドニー Chalcedony


Chalcedony unknown
Chalcedony unknown
石英(quartz)という鉱物の中で半透明のものを玉髄類と呼びますが、その中で色が比較的均一なものをさします。
水晶の仲間です。
※カルセドニーと水晶に関しては、こちらをお読みください。

壁開はなし。
硬度は6.5~7。
断口は貝殻状で条痕は白。
色味は白・青・黒・褐色等いろいろあります。
溶岩の中の空洞の表面にできる石で、石英の細かい結晶が網目状に集合し固まったものです。

名前の由来は今のトルコのイスタンブールの東側の”khalkedon”という港町から産出したことにより、”chalcedony”となったといわれます。

世界中でアクセサリー(カメオやビーズ)や手紙などの封をするときの印章等、古くから加工され使われてきました。
人間の生活に、古から密着していた石です。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨