アズライト Azurite

Azurite kerrouchen morocco
Azurite kerrouchen morocco
和名 藍銅鉱(らんどうこう)
アズライトはいろいろな形で産出される石です。
色は青い色ですが、光沢感がガラスっぽいものやマッドなタイプもあり、更に結晶の形(柱状等)で産出されるものもあれば、塊状のときもあります。
Azurite Aouli-Mibladen Province khenifra Morocco
Azurite Aouli-Mibladen Province khenifra Morocco
この石は、マラカイト(孔雀石)と一緒に出てくることが多く、アジュールマラカイト・アズロマラカイト等とも呼ばれ、アクセサリーにも加工されています。
アズライトの青い色とマラカイトの緑色の綺麗な模様です。

基礎データ

  • 化学組成 炭酸塩鉱物 Cu3(CO3)2(OH)2
  • 色 青
  • 条痕 淡い青
  • 結晶系 単斜晶系
  • へき開 完全
  • 硬度 3.5~4
  • 比重 3.77~3.79

美しい サビ

Azurite Aouli-Mibladen Provience Khenifra Morocco
Azurite Aouli-Mibladen Provience Khenifra Morocco
アズライトもマラカイトも銅鉱床で産出される二次鉱物。
もともとあった鉱物が空気や水・風により変性・変質しできた鉱物のことをいい、要は錆びてできた鉱物です。
錆びると言われると鉄などの錆の”赤”を連想しがちですが、青や緑の錆はこんなのも綺麗なんですね。
アズライトといえば岩絵の具として使われていることが有名です。

アズライトの名前 いろいろ

またアズライトはいろいろな名前があります。
  • アジュールストーン 顔料
  • ブルーカッパー 銅鉱床に産することから
  • ブルーマラカイト マラカイトと一緒に産出することが多いことから
  • チェシライト(チェッシーライト・チェシーライト)(Chessylite)チェシーカッパー(Chessy copper)仏リヨン近郊のチェッシー産のものがアズライトは有名なため
カッパーは”Copper”で銅のことです。
Azurite Mikheyevskoe Mine, Chelyabinsk Oblast, South Ural Region Russia
Azurite Mikheyevskoe Mine, Chelyabinsk Oblast, South Ural Region Russia

アズライトのいわれ

アズライトの名前の由来は、ペルシャ語で青い色の意味の”lazward”に由来するそうです。
この石は誰もが聞いたことのある古代文明の中で生きてきました。
古代エジプト・マヤ・ギリシャ等、神託を得る力があるとされ、神官が身につけていたととのこと。
予言・祈祷に用いられることが多く、神聖な石として扱われていたそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶