アゲート Agate

AGATE unknown
AGATE unknown
水晶ファミリーの一員で、半透明の縞模様がある石を アゲート と呼びます。
日本では縞模様があるかないかに関わらず、メノウ・瑪瑙としています。
石英の小さな結晶が集まって塊になっているものです。

アゲートの加工

この石は着色処理がしやすく、さまざまな色に着色されて販売されています。
きちんと処理が行われているものは退色はありません。
着色・研磨技術で有名なのはドイツのイーダー・オーバーシュタインが知られています。
(アゲートに限らず、宝石マイスターの街です。)
AGATE unknown
AGATE unknown
日本では、江戸時代は若狭(福井県)の遠敷で。
今でも伝統工芸品として販売されています。
江戸末期から明治初期にかけ、山梨県甲府でさかんになったそうです。
甲府は今でも加工地として有名です。
AGATE unknown
AGATE unknown(生瑪瑙 染色されていない瑪瑙です。)

アゲートの名前の由来

イタリアのシチリア島の古い川の名前で”アカテス”から”アケート”そして”Agate”となったそうです。
日本の名前の”メノウ”は、産出の際に腎臓状で馬の脳に良く似ていたためということが由来だそうです。
なんだかびっくりな話ですね。
AGATE unknown
AGATE unknown

アゲートの伝説

この石のいわれを調べていくと、ちょっと変わったものが出てきました。
古代ペルシャではこの石を焼いた煙が、台風や竜巻の進路を変え、川の流れを止めると信じられていたそう。
また、ヨーロッパでは、この石に紐を付けて海に投げこみ、その石を探しに潜ると石の横に真珠があると言われています。
アゲートは、真珠を探すとわれいていたそうです。
中国では、七宝の一つ。
そして日本では、日本書紀に白いメノウが朝廷に謙譲されたとされる記述があるそうです。

ブルーレースアゲート

Blue lace agate
Blue lace agate
爽やかな水色の模様が人気のブルーレースアゲート。
磨いた物がよく出回っていますが、原石も爽やかな色味で素敵です。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶