人工ビスマス結晶 Bismuth

人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
 和名 蒼鉛
元素記号 Bi
元素番号 83
レアメタルの一つです。
ビスマスは自然の状態でも産出されます。
自然ビスマスと呼ばれますが、このほとんどは塊状等での産出となります。
色は自然の場合、赤っぽい銀白色ですが、錆びると褐色となります。
また、ビスマスは医薬品(整腸剤)としても使われたり、化粧品などにも使われています。
硬度は2.5、壁開もあるので取り扱いは優しくしてください。

人工ビスマスの色

人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
写真を見るとカラフルですよね。
この色は、シャボン玉の表面が七色に光る”光の干渉”原理と同じ。
ビスマスが冷えるときに表面に酸化膜ができますが、それがこの色の原因です。
で、なんでこんなにカラフルか?
冷える温度が違うと、酸化膜の厚みが違ってくるのでいろいろな色が出るそうです。
例えばこの酸化膜を酸で溶かすとただの銀色になります。

人工ビスマスの形 骸晶

人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
人工ビスマス結晶 Bismuth Germany
そしてこの形。
骸晶と呼ばれますが、結晶の稜(※)の部分が急激に成長し、結晶面の真ん中部分の成長が遅れ、面とならずに凹んだような形となることと言います。
形と色。
独特の物ですがこれが人工ビスマス結晶の強み。
インテリアとしても、またワイヤーアクセサリーにしても素敵ですね。
※ 稜 かどやすみのこと。もしくは多面体の、隣り合う二つの面が交わってできる線分。

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨