投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

フローライト Fluorite

イメージ
カラー豊富で共生鉱物も多く、ファンの多い蛍石。
ミネラルショーにて人工蛍石も登場しますます目が離せないですね。
名前の由来 フローライトの語源はラテン語で”流れる”(fluere)ということからで、この石が溶けやすい性質を持つことから名前がついたそうです。 また日本語の蛍石の語源は、炭火などで熱すると青白く発光することから。
熱すると割れて飛び散ることがあり危険です。
紫外線を当てると光るという蛍光現象は、この石によって発見されたもの。
しかし、蛍石でもこの蛍光現象が起きるものと起きないものがあります。
用途 フローライトはフッ素とカルシウムからできていて、フッ素の原料となっています。
さらに濃硫酸とフローライトを反応させると、猛毒のフッ化水素ができます。
ちなみに歯科でフッ素塗布と言って虫歯になりにくくするためのお薬は、フッ化ナトリウム
これは大丈夫です。
以前歯科で、このフッ化水素とフッ化ナトリウムを間違えて塗布し亡くなったという事故がありました。
他に、蛍石を使ったレンズや、昔から製鉄等の融剤として用いられてきたそうです。
指標石 硬度4-ナイフの刃で簡単に傷をつけることができる-の指標となっている鉱物です。
丈夫な硬さがあるとはいえず、衝撃で割れてしまう(へき開 四方向に完全)ことがあるので取り扱いは十分に注意してください。
蛍石 いろいろ 人工蛍石 私も購入させていただきました。↓
詳しく知りたい方は、中央宝石研究所 CGL通信 vol41 「キヤノンオプトロン社製合成蛍石について」
内モンゴルの青蛍 肉眼でぱっと見ると黒っぽく透け感が少ないように思うのですが、光マジック!
きれいな深い青。
ライトをあてた状態とあてていない状態で撮ってみました。

画像協力した鉱物トランプが発売となりました。

イメージ
Twitterにてご縁の有りましたQ様がデザイン・作成された鉱物トランプがこの程販売開始となりました。
Twitterにて有志を募り、自慢の鉱物標本画像を集めた素敵なトランプです!
TENDERTIMEでもこのページの下の方に掲載されている4つの鉱物写真で協力させていただきました。
うふふ❤
さてどのショットが、どのトランプに使われているでしょうか?
手にした方のみわかります!
ぜひ、Q様のネットショップにて詳しく見てくださいね☆

※ご注意 いしのみせTENDERTIMEYahoo店ではこのトランプは取り扱っておりません。 Q様のネットショップのみのご購入となります。

↓ Q様ネットショップ 鉱物トランプはこちらよりどうぞ ↓

各トランプすべて別の鉱物標本の写真です。 トランプには掲載標本の名前と産地が記載されています。 1枚1枚見るのも楽しいトランプです。 またトランプの紙質ですがくっつくタイプの紙質ではなく、サラッとしていてとても切りやすく扱いやすいと思います。 女性の手でもしっくりとくる大きさの89×57ミリ。
プラケース+紙ケース付きです。 ぜひお立ち寄りいただき、ご検討いただければと思います。
いしのみせTENDERTIMEYahoo店 主 kana
4つの鉱物が3-4枚ずつあります。 一つの鉱物で1枚が使われています。 どれだかわかったあなた! お買い上げありがとうございます(^^)






人工ビスマス結晶 Bismuth

イメージ
和名 蒼鉛
元素記号 Bi
元素番号 83
レアメタルの一つです。
ビスマスは自然の状態でも産出されます。
自然ビスマスと呼ばれますが、このほとんどは塊状等での産出となります。
色は自然の場合、赤っぽい銀白色ですが、錆びると褐色となります。
また、ビスマスは医薬品(整腸剤)としても使われたり、化粧品などにも使われています。
硬度は2.5、壁開もあるので取り扱いは優しくしてください。
人工ビスマスの色 写真を見るとカラフルですよね。
この色は、シャボン玉の表面が七色に光る”光の干渉”原理と同じ。
ビスマスが冷えるときに表面に酸化膜ができますが、それがこの色の原因です。
で、なんでこんなにカラフルか?
冷える温度が違うと、酸化膜の厚みが違ってくるのでいろいろな色が出るそうです。
例えばこの酸化膜を酸で溶かすとただの銀色になります。
人工ビスマスの形 骸晶 そしてこの形。
骸晶と呼ばれますが、結晶の稜(※)の部分が急激に成長し、結晶面の真ん中部分の成長が遅れ、面とならずに凹んだような形となることと言います。
形と色。
独特の物ですがこれが人工ビスマス結晶の強み。
インテリアとしても、またワイヤーアクセサリーにしても素敵ですね。
※ 稜 かどやすみのこと。もしくは多面体の、隣り合う二つの面が交わってできる線分。

バナディナイト Vanadinite

イメージ
和名 バナジン鉛鉱 褐鉛鉱
鉛鉱床の酸化帯で産出される二次鉱物です。
噛み砕いていうと、鉛がたくさん混ざった石がある場所で錆びた結果にできた石。
鉱床といわれるものは、経済的な価値のある石が沢山混じっている岩石のこと。
酸化帯とは、雨・地下水・海水などで風化作用や酸化作用を受けた部分。
二次鉱物とはもともとあった鉱物が空気や水・風により変性・変質しできた鉱物。(=酸化→サビた!)
硬度は3。へき開はなし。
色は赤のほか、明るい橙色や褐色・灰色などもあります。
そして形は六角形の板状の結晶形。
板状だけでなく短柱状のものもあります。
産地はモロッコ以外にも、イタリア・メキシコ・アメリカ等で産出され、日本では山口県日高鉱山でみつかりました。
そしてこの石、炎にかざすと溶けてしまいます。
バナジウムとバナジン鉛鉱 主成分はバナジウム。
バナジウム温泉とかペットボトルの天然水とかで聞いたことがあると思います。
ミネラルの一つで、最近ではサプリなども販売しています。
そしてこのパナジウムは、血糖値を下げる働きがあるとも言われています。
(きちんと検証がされているかどうかは不明です。)
元素記号表を眺めると、原子番号23番 V バナジウム。
発見されたのは1830年で、それまでな何度もこれは…?ということがあったが認定には至らず。
北欧神話とバナジン鉛鉱 北欧神話の愛と豊穣の女神バナジス(Vanadis)から名前がつきました。
この石の名前の由来である女神バナジスは、美、愛、豊饒、戦い、そして魔法や死を守護する北欧神話の太母。
また海の守護神としてマルドル(Mardoll)の異名をとる。
美しい女性の姿をしており女性の美徳と悪徳を全て内包した女神で、非常に美しく自由奔放な性格で、欲望のまま行動し、性的には奔放であった。
また月の女神でもある。

フレイヤとも言われるバナジス。
黄金の首飾りが欲しいがためにそれを作った小人たち4人とそれぞれ一夜を共にする。
オーディンにそれがバレて首飾りは取り上げられてしまった。
かえしてもらう代わりに、人間の世界に戦争を起こせ!と言われ、あっさり戦争を起こす。
強烈な女神です。
オーディンは北欧神話の最高神です。
主成分のバナジウムはスウェ-デン産の鉱物中から発見されたことで北欧神話の”愛の女神バナジス”の名前がつけられたそうです。

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト

Graphite 石墨