デュモルチェライト Dumortierite

Dumortierite
Dumortierite
和名 デュモルチ石
青から紫色のデュモルチ石のイメージが強いと思いますが、緑やピンク、褐色のものもあります。
石英と共生しますが、デュモルチェライトクォーツという名前で呼ばれています。
人気がありますね。

命名者 Eugène Dumortier

Dumortierite
Dumortierite
デュモルチライト Dumortierite という名前は、フランスの古生物学者 ウジェーヌデュモルティエ/Eugène Dumortier(1801 - 1876)に因みます。
もともと彼は金細工(金メッキ)の業者で50歳のころから地質学に本格的に取り組んだとのこと。
手元の資料に1881年にこの石の名前が付けられたとの情報があるのですが、彼の死後つけられた名前ということになります。
彼の収集した化石は、リヨンの自然史博物館に遺されたそうです。

産地 産状

この石はアルミニウムを含む変成岩やペグマタイトから産します。
アルミニウムを含むため熱に強く、産業用溶解炉の内壁に利用されます。

ろう石の鉱床で多く見られる鉱物ですが、大きな結晶はあまり見られません。
繊維状の集合体や塊になったものが多く、単体の場合は柱状の結晶が見られます。

産地としては、アメリカ・ブラジル・マダガスカル等、そして日本です。
栃木県黒磯 福島県郡山等です。

基礎データ

Dumortierite
Dumortierite
  • ケイ酸塩鉱物(ネソケイ酸塩鉱物)Al7(Bo3)(SiO4)3O3
  • 色 青~紫色 緑 ピンク 褐色
  • 条痕 白色
  • 結晶系 斜方晶系
  • へき開 明瞭
  • 硬度 8.5
  • 比重 3.4

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 結晶