カバンサイト Cavansite


Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
白い部分は輝沸石です。
和名カバンシ石。
きれいな青い色が特徴的です。
名前の由来がおもしろく、この石の成分である元素名が命名のもとです。
Cavansite → Calcium・Vanadium・Silicon

基礎データ

Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
  • 化学組成 珪酸塩鉱物 フィロ珪酸塩鉱物 Ca(VO)Si4O10・4H2O
  • 色 青色
  • 条痕 淡青色
  • 結晶系 斜方晶系
  • へき開 明瞭
  • 硬度 3~4

産地 産状

アメリカオレゴン州にて発見され、1973年に独立種として認められました。
発見はアメリカですがその後、インドから産出があり、現在の流通はインド産です。
沸石(輝沸石や束沸石)と共生し、玄武岩の隙間や凝灰岩に産出します。

姿 

Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
Cavansite Wagholi Quarry, Poona, Maharashtra, India
柱状もしくは板状の結晶が寄り集まった集合体やそれがコロンと丸く花弁のような形になったもの等が見られます。
まさしく青い花です。

ペンタゴナイト Pentagonite

ペンタゴナイトとカバンサイトは同質異像の関係です。
同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なる(原子の配置が異なっている)もの。
化学式を見るとペンタゴナイトもカバンサイトも同じ化学式です。
見た目も非常によく似ていて判別は難しいですが、結晶の形をよくよく観察してみて下さい。
カバンサイトは板状や柱状ですが、ペンタゴナイトは柱状の結晶を金太郎飴のように切った形が星型に双晶となっている事が多く見られます。

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 結晶