アストロフィライト Astrophyllite

アストロフィライト astrophyllite Khibny,Kola,Murumansk,Russia 黒いものはアルベゾン閃石でしょうか?柱状です。
アストロフィライト astrophyllite Khibny,Kola,Murumansk,Russia
和名 星葉石(せいようせき)
雲母のように、うすく層状に剥がれます。 (へき開が1方向に完全)
閃長岩にできるペグマタイト中に産することが多く、ノルウェー・グリーンランド・カナダ・そしてロシアのコラ半島等が有名産地です。

名前の由来

アストロフィライト astrophyllite Khibny,Kola,Murumansk,Russia
アストロフィライト astrophyllite Khibny,Kola,Murumansk,Russia
しっかりと放射状の集合体が綺麗にいます。
放射状に広がった形が星をイメージしますね。
他にastroite(アストロアイト)・astrite(アストライト)とも呼ばれています。
この石の名前の由来は、ギリシャ語で”星”→”astro”・”葉っぱ”→”phyllon”だそうです。
また、”星葉石”という鉱物名の他に、”〇〇グループ”のようにグループ名をさす言葉でもあります。

基礎データ

  • 化学組成 珪酸塩鉱物 
    (K,Na)3(Fe2+,Mn2+)7Ti2[(O,OH)7|(Si4O12)2
  • 色 古銅黄色・黄金黄色・金黄褐色
  • 条痕 帯緑褐色
  • 結晶系 三斜晶系
  • へき開 一方向に完全(雲母のように、薄く層状に剥がれます。)
  • 硬度 3
  • 比重 3.3~3.4

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 結晶