オブシディアン 黒曜石 OBSIDIAN

黒曜石のナイフ OBSIDIAN KNIFE
OBSIDIAN KNIFE

この石の名前は発見者”Obsius”よりの命名だそうです。
石器時代より、やじりやナイフとして人間の生活に密着してきた石です。

黒鏡

黒曜石をぴかぴかに磨き、スクライングに使用していました。
今でもスピリチュアル関係の方々から熱い視線を受ける石です。
”アパッチの涙(アパッチティアーズ)”をかち割った画像を下に掲載していますが、これ、割っただけですが、ピカピカの面が鏡のように出てくるのがわかると思います。
昔々は今と違って研磨道具なんてなく、割っただけでこのような面が出ることはとても大切な事だったのでしょう。

アパッチティアーズ-Apache Tears

アパッチの涙 APACHE TEARS Superior, Pioneer, Pinal Mts, Pinal Co., Arizona, U.S.A
APACHE TEARS ※1

丸い小石・アパッチチィアーズです。
アパッチ→ネイティブアメリカンの種族のことで、この種族のティアーズ→涙。
アメリカの歴史は先住民族とアメリカ開拓者との戦いの歴史があります。
開拓者に居場所を追われた先住民族の涙と言われています。
※1こちらは丸い小石をかち割った状態のものです。ピカピカの面が観察できます。

スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian

スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian
Snowflake Obsidian ApacheTears

マグマが地表に出てきて急激に冷えてガラスのように固まった石をオブシディアン(黒曜石)といいます。
その中で、白い模様が入っている物をスノーフレークオブシディアンといいます。
この白い部分はクリストバライトです。
クリストバライトはクリストバル石・方珪石とも言います。
IARC発がん性リスク一覧を見ていただくと、このクリストバライトがいます。

グループ1
種類 化学物質
石英およびクリストバライトの粉体
(Silica dust, crystalline, in the form of quartz and cristobalite)
吸引による肺がん

粉体 (以前は粉塵という表記だったと思いますが…)とあります。
お仕事の内容によっては身近に感じられる方もいると思います。
そしてこのクリストバライトは石英の多形です。

スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian
スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian

同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。

黒曜石いろいろ

レインボーオブシディアン RAINBOW OBSIDIAN MEXICO
RAINBOWOBSIDIAN Mexico
花十勝 北海道紋別郡大滝産
花十勝 北海道紋別郡大滝産
ミッドナイトオブシディアン Midnight Obsidian Kyzyl Kum, Armenia
Midnight Obsidian Kyzyl Kum, Armenia
ミッドナイトオブシディアン Midnight Obsidian Kyzyl Kum, Armenia
Midnight Obsidian Kyzyl Kum, Armenia