シトリン CITRINE

シトリン CITRINE Brazil
CITRINE Brazil

黄色の水晶 和名黄水晶。
この黄色は鉄分による発色です。
火成岩・堆積岩・変成岩と、あらゆる岩石中に見られ、六角柱状・そのクラスターや塊となって産出します。
シトリンはトパーズのイミテーションとしても利用されており、”シトリントパーズ”のネーミングはシトリンのことです。
シトリンは硬度7(ガラスや鋼鉄などに傷をつけることができる)、トパーズは硬度8(石英に傷をつけることができる)となります。

名前の由来

レモンに関連した話があちこちから出てきます。
  • ギリシャ語のレモンという意味の言葉から
  • 柑橘類のシトロンの果実の色に似ているから
  • 柑橘類を表すシトラスに由来
などなど。
黄色=レモン色というイメージからのようです。

CITRINE Brazil
シトリンの色味は、薄い黄色-濃い黄褐色までバリエーションがあります。
天然に色合いが均一で、インクルージョンのない美しいものは少なく、アクセサリーなど処理をしたものが存在しています。
アメジストの加熱処理のものが一番数が多く出回っています。

基礎データ

  • 化学組成 珪酸塩鉱物 SiO2
  • 色 黄色
  • 条痕 白色
  • 結晶系 六方晶系
  • へき開 なし
  • 硬度 7
  • 比重 2.7

コメント

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

プリニウスの博物誌 アメジスト

角閃石 アンフィボール amphibole

石の基礎知識 結晶