投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

アンモナイトとオウムガイ  Ammonite and Nautilus

イメージ
アンモナイトとオウムガイはともに頭足類の仲間です。
頭足類とは、イカやタコも同じ仲間で、体は胴・頭・足にわかれています。
今わざと、胴・頭・足という順番で書きましたが、一般的な頭足類はこの順番です。
例えばタコを思い浮かべて下さい。
タコの丸い頭の部分、じつはあれが胴です。
そして目が付いてる部分が頭。
この部分に脳があります。
そして足。
これが一般的な頭足類です。
そして、出水管と言われる気管があり、タコの場合は墨を吐いて敵の目をくらませたり、水を吐いて前に進む力にしたりします。
ちなみに、この頭足類のもう一つ上の分類は軟体動物。
分類は、軟体動物門頭足綱となります。
軟体動物は、貝類とイカ・タコ・ナメクジ・クリオネ・ウミウシ等があり、むにむにした感じです。

特徴は、泳ぎがとっても上手く腐肉食もしくは肉食の食事をする、肉食体育会系。
くるくる巻いた入口の広い部分にその体を入れ、奥の方には小さな部屋がたくさん!
その部屋で、ガスを出し入れして浮力を調整します。
オウムガイ

オウムガイはオルドビス紀に現れ現在でも”生きた化石”として現在でも南西太平洋で生息しています。
水族館でも展示されています。
アンモナイト

化石といえば真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?
アンモナイトはデボン紀にオウムガイ類から分岐し、白亜紀末に恐竜とともに絶滅しています。
縫合線 アンモナイトの外側の殻がはがれた部分、その部分をよく見てみて下さい。 模様が浮き出ているものがあります。
その模様が複雑で美しく、その形を菊になぞらえて日本では「菊石」とも呼ばれています。
そしてその模様が縫合線と言われるものです。

先程、小さな部屋(小さな部屋に区切られている画像はデスモセラス(アンモナイト)の2枚めのスライス画像がそうです。)がたくさん~と話しましたが、その部屋を分ける壁と外側の殻の部分が交わってできた模様、それが縫合線です。
アンモナイトとオウムガイを比べると、アンモナイトのほうが比較的複雑な縫合線ですが、アンモナイトの縫合線は進化に伴って複雑になっています。
古参のアンモナイトは縫合線は単純で、進化したアンモナイトほど複雑という傾向があります。

こう言われると、殻を剥がしてみたくなります…
ですがこの縫合線とは人間で言うところの骨格。
そう考えるとちょっとできなくなったりもしますね。

カルサイト 方解石 Calcite

イメージ
和名 方解石 CaCO3
へき開を持つ鉱物(三方向に完全)で、”マッチ箱がつぶれた形に割れる”といわれる鉱物ですが、様々な形で楽しませてくれます。
アイスランドスパー オプティカルカルサイト オプティカルスパー この名前(和名 氷州石 ヒョウシュウセキ)は、菱面体の自形結晶※後述のカルサイトで透明度が高く良質のものをさす名前です。
※参考 偏光フィルター ニコルプリズム(ニコル) ”複屈折現象”という言葉で思い出す方もいるかもしれません。
理科の実験で登場する石です。
自形と他形自形(自形結晶)
その鉱物特有の形(結晶した形)がきれいに成長しているもの。他形(他形結晶)
その鉱物特有の形(結晶した形)が隣りあった鉱物などに阻まれ、うまく成長できず結晶面が発達しなかったもの。  基礎データ 化学組成 炭酸塩鉱物 CaCO3色 無色 白色条痕 白色結晶系 六方晶系へき開 完全(三方向)硬度 3比重 2.7屈折率 1.48-1.66 ※屈折率 光が透明・半透明な鉱物に入ったとき、光の速度と方向が変化することを屈折率といいます。 屈折率は入っていく光の角度と曲がった後の光の角度の比で表されます。 屈折率が高ければ高いほど鉱物はきらきらと輝き、ダイヤモンドの屈折率は、2.42。 ルビーやサファイアは1.76~1.77、水晶は1.54~1.55です。 値が高ければ高いほど屈折率は高く、きらきら度は増します。 鍾乳洞の鍾乳石とカルサイト 鍾乳洞の鍾乳石は、水中の方解石成分(水とカルシウムの化学反応)がツララ状に固まったものです。
鍾乳洞は石灰岩(方解石)で出来ています。
石灰岩は堆積岩の一種で、先に書いた分類で分けると生物岩化学岩、両方に属します。
サンゴの遺骸・炭酸カルシウム(石灰岩はこの炭酸カルシウムを50%↑含む岩)の体を持つフズリナや貝類等が堆積して固くなり石灰岩となる場合と、温泉に溶けている石灰が沈殿して石灰岩を形成する等の場合とがあります。
雨が降り、水は土を通りぬけ二酸化炭素を含みます。
その水が石灰岩に到達すると、石灰岩を溶かしていきます。
その溶けてできた割れ目から次々と水の流れができて、地下に流れこみ石灰岩を溶かしていきます。
その穴が鍾乳洞です。そして、この鍾乳洞の陸上を見てみると、川がなく、なだらかな地形をしています。
そして水が流れこむ穴があちこちに…

硫黄 サルファー Sulfur

イメージ
硫黄と聞くと温泉!クサイ!と連想すると思いますが、とても身近ですよね。
温泉の湯の花は、硫黄だけでなく他の成分も混じっています。
硫黄 サルファー Sulfur 熱い温泉のお湯が噴き出し、冷却されることによってそのお湯の中の成分が固まって(析出沈殿)固形化したものです。
硫黄は食品の中にも含まれ、骨・腱を作り、皮膚のお薬としても活躍しています。
硬度 2.5へき開 不完全条痕 白 硫黄のにおい? さて匂いですが…
これ、ニュースでよく聞きますが硫化水素なんです。
卵の腐ったような匂いとは硫黄の匂いではなく、硫化水素の匂いだそうです。
因みに硫黄は無臭。
硫化水素は硫黄と水素の物質です。

原子番号16 元素記号 S 硫黄

硫黄は同素体を数多く持ちます。
同素体とは、同じ元素で作られている物質ですが原子の配列や結合する様式が違うため、見た目・性質などが全く異なってしまう物質の関係性を表す言葉です。
ダイヤモンドと石墨がよく例に挙げられます。
見た目も性質もお値段も全く違いますが、ダイヤモンドと石墨は同じ元素で構成された同素体です。
硫黄の同素体は30以上もあるそうで、その中で自然にみられる硫黄は以下の3種類です。
斜方硫黄 融点112.8℃ 斜方晶単斜硫黄 融点119.6℃ 単斜晶単斜硫黄 融点106.8℃ 針状晶 融点とは個体が液体化する温度。
95.6℃以下の温度で斜方硫黄が安定状態となり、それよりもっと高い温度になると単斜硫黄系が安定状態になります。

硫黄は熱していくと暗赤色の液体となり、それでも熱し250℃まで加熱すると、ゴム状硫黄となってびよぉーんと伸びます。
ただし、このゴム状硫黄、そのまま放置しておくと斜方硫黄となります。
ゴム状硫黄 このゴム状硫黄、ここ最近で面白い記事があります。 ”高校化学の教科書、一高校生が間違いを実験で証明”というもの。
ゴム状硫黄はそれまで、褐色とされ、大学入試でも”褐色”が正解とされていました。
しかし、褐色ではなく黄色だということが判明しました。
とある高校の先生がふと生徒に”以前、黄色のゴム状硫黄ができたとこがあるんだよなぁ”と話したことがきっかけで、17歳の一高校生が実験を行ないました。

着目したのはその純度。
純度99%の硫黄華では褐色、純度99.5%で綺麗な黄色のゴム状硫黄ができました。
純度のその差は0.5。

このブログの人気の投稿

石の基礎知識 石ができるまで

石の基礎知識 ノジュールとコンクリーション

石の基礎知識 結晶

角閃石 アンフィボール amphibole

プリニウスの博物誌 アメジスト